高校に通いながら予備校を使って大学合格を目指す

停滞期

気になる異性と一緒のクラスが良いなどと考えてあえて少し手を抜いて一緒のクラスになれるように模試の結果を調整するようなことをしたのも今となっては懐かしい思い出の一つです。
目論見通りの成績となって一緒のクラスになったのは良いものの、友人に気になる異性の悪口を吹き込まれて気になる気持ちが急速に萎えてしまったのは若気の至りと思います。
授業は一緒でも合同で作業するようなことがないこともあって周囲の人と話すことが出来る機会は少ないのです。
同じクラスでよく顔を合わせていると、何となくお互いに知っているような気分になりつつも誰とも進展しません。
きっかけがないと仲良くなりようもないというのは社会人になっても同じで、高校あたりからは子供のころにあった誰とでも無邪気に絡んでいくようにはならないと今となっては思います。
塾などでも同じで、高校卒業までの3年間も通っていたのに、話したことのある人は、中学の同級生と通っている高校のクラスメイトの友人などごく少数でした。
予備校では気合を入れて勉強しても、高校の授業では気合が入らず中堅校独特のあまりやる気のない雰囲気に飲まれてしまい、2年になってから成績は伸び悩みました。
高校の校内ではトップクラスの成績でも予備校の模試の結果は振るうことがなくなり、下位のクラスに落ちてしまうこともありました。
進学校と中堅校の実力の違いを思い知らされることになります。

予備校生活のスタート停滞期予備校選びに後悔することに