高校に通いながら予備校を使って大学合格を目指す

予備校生活のスタート

予備校e-予備校ガイド

高校受験に失敗した私は二の轍を踏まないように高校入学と同時に大学受験現役合格をうたっている某予備校に入学することに決めました。
高校一年から通っている人は中学までの塾と同様に進学校に在籍している人から中堅校や下位校と言われる生徒までバラエティーに富んでおり、進学するという目的で統一されているだけあって高校での授業よりも気合が入ります。
中堅校に進学していた自分は高校では周辺にあまりやる気のない人が溢れていましたが、予備校では余分にお金を払って通っているだけあって講義中に寝ているような人もいません。
授業を受ける前にはよく理解できるようにするため予習をするという習慣をつけるようにしました。
周囲の人に負けたくないと感じていたこともあって高校での勉強より捗ります。
捗り方が高校での授業より高いと感じました。
授業内容も高校より洗練されているように感じて面白く思いました。
1年の時から模試があり、模試の結果によって教室が分かれるようになっていたので、ここでも気合を入れて勉強をする契機となったと考えています。

予備校生活のスタート停滞期予備校選びに後悔することに